2006年04月07日

(2)訪問調査・かかりつけ医の意見書

(2)訪問調査・かかりつけ医の意見書

(1)の市町村への介護申請を受けて市町村から訪問調査があり、かかりつけ医の意見書が必要になり、書類がそろえることが必要になります。
 
1.[訪 問 調 査]
申請がなされると、から「訪問調査員」が、日常生活や心身の状況などを調査するために、ご自宅へ伺います。
(1)基本調査
・心身の状況に関する項目(67項目)
・特別な医療に関する項目(12項目)
(2)特記事項
・基本調査項目では表しきれない具体的な介護の必要性を記述式で記載する

以上(1)(2)の事柄を調査します。


2.[かかりつけ医(主治医)の意見書]
市町村は申請者のかかりつけ医(主治医)に対し、医学的な立場からの申請者の状況について「意見書」の提出を依頼します。

かかりつけ医がいない場合は、市町村で指定します。


以上で(3)介護認定審査会(審査・判定)に必要な書類手続きが完了しました。
posted by 介護要員 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16259081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。