2006年04月19日

退所者急増

17都府県で519人が退所した。昨年10月の食費と居住費の全額自己負担化に伴う結果です。3ヶ月のあいだの出来事です。

悪法なのだろうか、介護保険は、それを問われる事態です。

17都府県で519人が退所 介護保険法改正で (4月19日 共同通信)

介護保険法の改正で昨年10月から介護保険3施設の食費と居住費の全額が自己負担となったのに伴い、昨年末までの3カ月間に「負担増」を理由に退所した人が、

全国保険医団体連合会(保団連)の調査ができた17都府県で519人(267施設)に上っていたことが19日分かった。
 
現在、国会で審議中の医療制度改革関連法案には、医療型療養病床でも食費と居住費の全額自己負担化が盛り込まれている。

民主党など野党は高齢者の負担増に反対しており議論となりそうだ。
 

介護保険3施設は特別養護老人ホーム(特養)、老人保健施設(老健)、介護療養型医療施設(介護型療養病床)。
 

調査で内訳が分かったものでみると、退所施設別では老健が半数近くと最も多く、介護型療養病床、特養の順だった。

年齢別では80歳代が多く、要介護度別では要介護2−5の中・重度者で半数を占めた。

退所先では自宅が最も多かった。

posted by 介護要員 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。